始末書
念書の書き方
詫び状の書き方
顛末書の書き方
理由書の書き方
お問い合わせ

スポンサードリンク

納品数の間違いを繰り返した場合の始末書の文例

 

 先日は、ご注文いただいた商品の納入数に再度誤りがあり、大変ご迷惑をおかけしました。不始末の段、心よりお詫び申し上げます。

 今回の不手際は、経験の浅い社員による単純ミスが原因で生じたものです。以前にも同様のご迷惑をおかけしたにもかかわらず、今回再びこのような事態を招いてしまい、責任者としての至らなさを痛感し、深く反省しております。

 今後は、こうした過ちを二度と起こさないため、社員教育をさらに徹底していく所存です。なにとぞ変わらぬお取引を賜りますよう、伏してお願い申し上げます。